Genius[公式]絶対合格の家庭教師

指導法

GENIUS+専門家

Geniusの指導はベテラン教諭から始まり、保健師、臨床⼼理⼠、学校⼼理⼠、作業療法⼠、カウンセラー、児童相談員の意見から成り立っています。さらにそこから実戦形式でブラッシュアップさせた指導法になります。指導には、⾃信があります!

基本の3軸

1人ひとりにあった指導法
よく聴いてよく共感して
褒めて認めて励まして

押し付ける授業 → 生徒に合わす授業へ

授業の進め方(例:2時間2教科)

約20分
前回の範囲を小テストなどで確認。
そこで間違えた問題は、さらに丁寧に解説します。

約1時間30分
苦手な範囲の問題を予め先生が用意し、勉強する。
もしくは生徒にわからない問題を集めてもらい、それを解説します。

約10分
今日勉強した内容を振り返ります。
そして次回の授業までにやってくる宿題を生徒主流で一緒に決めます。

まずは目的に応じて

①授業の遅れを取り戻したい
②定期テスト対策
③受験対策

この3つから勉強目的をお選び下さい。目的に沿って授業を進めます。

反復方法

家庭教師の授業がない日でも勉強できるよう、宿題を出してもらって復習に励んでください。いまいちやる気が起きない子は、ぜひ毎日自習室をご利用ください♪

勉強が苦手な子には

スモールステップの原理を使います。

スモールステップとは?

①問題を小さく分けることで、達成感を直ぐに感じてもらえる

②小さく分けるからこそ「問題のある部分」が見つけやすい

③1問1答形式のスモール問題は、勉強に取り掛かりやすい

自発的な勉強を促す

押し付ける授業は致しません。
次の授業までにどうしたいのか。どの範囲までなら宿題が出来るのかなどを生徒自身から聞いて、約束して、自発的な勉強を促し成績を上げていきます。

得意なスタイルは?

生徒の優位を理解するだけで、成長速度が大きく変わります!

視覚優位

文字+イラストで説明。参考書やプリントは、イラストや図が多いものを使う。また、問題の横にそっと落書きを添えてあげるのも記憶に残りやすいです♪

例:クジラは哺乳類で群れで暮らす。

視覚優位

読み込むよりも聞き込ませて。替え歌を作ったりリズムで覚えたりして、対話形式で勉強していきましょう♪

言語優位

言葉をベースに、創造力を沸かせて理解させます。単純に文字だけで理解出来たりもしますが、たとえを使って想像を膨らませたり、語呂合わせや要約した纏めを作って勉強しましょう♪

例:ある山中の青木みどりさん
  (BTB溶液の語呂合わせ)

タイプ別指導法

1人ひとりが違う人間であるように、指導対応にも1人ひとりの最適があります。例えば、①勉強嫌い/②積極性がない/③人見知り/④分かったつもりでいる/⑤執着が強い/⑥落ち着きがない/⑦我が強すぎる/⑧自信がないなどです。Geniusではこれらに合わせて指導をしていきます!

みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬
みんなで頑張れた♬