津市周辺で家庭教師を探すならGenius

合格物語

志望校努力圏外からの合格!

成績がどん底です。」「発達障害の疑いがあり、集団授業が合いません。」「塾に行っても先生がコロコロ変わったり、自分から質問ができない性格で、なかなか成績が上がりません。」などなど… 色々な理由から成績が上がらなかった生徒たちの「合格物語」を一部ご紹介致します!

発達状況に合わせて

一問一答

スモールステップ

気になる生徒がいれば、上の赤・緑・青の丸印をクリックしてみて下さい🌸

担任「きみは高校に行けない。」
H君の合格物語

1、中学3年生の秋からスタート
H君は中学2年生の頃から、学校の担任に「きみは高校に行けない」と言われ続けた子でした。今まで地域密着型の塾や家庭教師に頼んでみましたが、全く成績が伸びず… なんとかしたいと探し続けて、口コミの良さから家庭教師のGeniusに申し込みをされました。

2、“Thank you”が書けない
150分コースを週2~3回で実施しました。勉強を見ている内に、中学一年生の基礎学習から怪しいことが分かりました。そこで、時間はないけれど数学・理科・社会・英語・国語の5教科全ての基礎の見直しを、急ピッチで行うことにしました。

塾よりも分かり易い

3、H君の特性
H君は同じ問題を何回解いても、次の日にはその問題を忘れます。その原因を追及をした結果、『問題を読んでいない』ということが分かりました。例えば、
①漢字を読み飛ばす
②大問の設定を読まずに、問題から入る
③横の長さが~ ➔ 縦の長さが~ という脳内変換をする。などなど

4、対策
これらの対策として、これからの授業は『声を出して読む』ことを意識してもらいました。これをやらせた結果、いつも解けない問題が自分の力だけで解けるようになり、これにはH君本人が一番ビックリしていました。

5、成績上昇!
家庭教師を始めて1か月後の確認テストで、なんと理科と社会が学年の平均点を超えました‼️今まで塾や家庭教師に頼っても全く成績が伸びない子だったので、みんな大喜びでした。そしてその中でも一番嬉しがっていたのが、H君のお母さまでした☺

6、同時進行で面接・小論文も
H君が第一志望とする高校のレベルは高く、また面接や小論文もありました。保護者さまとの相談により、土日祝日は出来る限り多めの授業時間を取ってもらったり、保護者様にもできる声掛けや面接の練習など、可能な範囲内でのサポートをお願いしました。

7、勉強が楽しくなった♬
「貧乏ゆすり」「頭を掻き毟る」「物に当たる」「うなる」「目に見えてイライラする」…など、当初は大変でしたが、3カ月も経つ頃には10時間の勉強も難なく継続してできるほどに成長しました。「先生のおかげで勉強が楽しくなりました!」と言って貰えた時は、感無量でした。

8、誕生日プレゼント
H君は甘いものが大大大好きです。だから、トッピングを重ねて大甘にしてもらいました。もしかしたら1000Kcalくらいあるかもしれません(笑) また、スタバのお姉さんに事情を説明したら、快くメッセージを書いてもらえました☺️ 最後まで気を抜けませんが、こういうお祝い事は大事にしています♪

9、勉強後は倒れるまで頑張った
第一志望校の入試日まであとわずか。2時間30分の勉強をした後は直ぐに面接と小論文対策の授業を入れ、毎日くたくたになるまで頑張っていました。この頃のH君は最初に会った頃とはもう別人の様で、H君の志望校に対する気迫は誰にも負けないくらいの凄いものがありました。

10、第一志望校合格🌸
合格発表の日はみんなが泣いて喜びました。担任の先生も相当驚いたそうです。H君には夢があり、それが叶えられる学校に見事合格致しました。彼は今、夢である職業に就くために一生懸命学校で勉強を頑張っております☺️


ADHD傾向(グレーゾーン)
Sちゃんの合格物語

1、小学6年生の初夏からスタート
Sちゃんは学校や塾の集団授業が合わず、学年の成績はあまり良くありませんでした。そこで、中学からはICT教育やアクティブラーニングに力を入れている私立の名門校に入学したいと、家庭教師のGeniusに申し込みをされました。

2、「合格してもしなくてもいい!」
120分コースを週3回で実施しました。しかし、Sちゃんには解決しないといけない問題がありました。それは、Sちゃんは志望校に合格したい気持ちはあるものの、合格したら小学校の親友と別々の学校に行かなくてはならないことから、受験に対する熱意がそこまで多くはなかったことです。

3、Sちゃんの特性
①宿題をギリギリまでしません。だから、毎朝5時に起きてするので常に寝不足です。 ②勉強中でも、思いついたら直ぐに駈け出したり踊りだしたりします。 ③自分の思った通りに物事が動かないと、少々騒ぎます。しっかり話し合えば理解してくれますが、話し合う前から騒ぐので…大変でした。

4、忍耐と寛大な心
Sちゃんの特性の対策として、まずは好きにさせることにしました。例えば騒ぎ出しても直ぐに抑えることはせず、自由にさせることで少し落ち着くまで待つことにしました。比較すると、落ち着くまで待った方が勉強が捗ることが分かったので、騒ぎ出したら『休憩』ということにして、授業を進めました。

5、少しづつ少しづつ
①受験算数は毎回2~3問に絞って教える。 ②国語の長文は出来るだけ短いものから始める。 ③たまには小学4.5年生の問題を解かせる。 などを繰り返し繰り返し行い、Sちゃんにも「自分でもちゃんと解けるんだ!」ということを、ちゃんと理解してもらえるような授業を続けました。

6、同時進行で親子面接も
Sちゃんが受験する学校には「親子面接」がありました。Sちゃんの性格上、面接の時に知らない先生と話すことや、自分の意見をしっかり伝えられるかどうかが心配だったので、入試の半年前から親子面接の練習を始めました。
※Geniusは親子面接の対応も可能です

7、異常に多いケアレスミス
Sちゃんのケアレスミスの多さは異常でした。ミスの原因は、「+-×÷を見間違えたり」「単位を間違えたり」「しなくていい計算式を書いてごちゃごちゃしたり」「自分が書いた数字や字が汚くて、本人にも読めなかったり」…

8、ボランティア活動
志望校に合格するためには、親子面接で話せる材料が必要です。ただ、Sちゃんは天性の明るさがあり人当たりも良く、また、5~6才くらいの頃から地域のボランティア活動に積極的に参加していた為、その点の心配は必要ありませんでした。ちなみに、時間がある時は先生も一緒にボランティアに参加しました♪

9、負の連鎖を克服!
①ケアレスミス問題。②勉強に集中しない問題。③暴れだす問題。などなどを全て解決したきっかけが、「受験が終わるまでスマホを先生が預かる」ことでした。今までゲームや漫画が気になって集中できていなかったのが、もう家にないことで諦めたか、凄い集中力を発揮するようになりました。

10、成長を感じた確認テスト
毎回授業の初めに実施していた計算問題で、ついに満点を取りました! 以前は確認テストが解き終わっても見直しもせず、落書きをしたりボーっとしたりしていましたが、この頃には見直しをするようになり、自分から間違えた問題に気付けるくらいに成長致しました。

11、入試6日前のアクシデント
ベットから降りる時に突き指をしました。利き手の人差し指を… ペンが持てないほど痛いらしく、その日の授業は筆記を止めざるを得ませんでした。幸い3日後にはペンを持てるくらいには回復をしましたが、本当に心臓が止まりそうでした。

12、第一志望校合格🌸
半年間の努力が実を結びました。入試1か月前の模試で「合格努力圏外」。6日前に利き手突き指の「アクシデント」。さらにSちゃんの特性上、色々な受験の困難がありましたが、Sちゃん自身の頑張りや保護者さまの献身的なサポートのおかげで、無事に第一志望校に合格することが出来ました!


僕たちとAちゃんの40日戦争
Aちゃんの合格物語

1、入試40日前からスタート
Aちゃんは大手の塾に通ってはいましたが、成績は落ちていく一方でした。12/5に受けた模試では、合格の努力圏にも入りません。「このままでは志望校に落ちるのでは?」という不安から、ママ友に相談し、評判の良い家庭教師のGeniusに急遽申し込みをされました。

2、時間が全く足りない!
どんなに窮地に立たされようが、Gnieusは全力で力になります。ただ、Aちゃんの場合はとにかく残された時間が少なすぎました… 保護者さまとの相談により、空いている日全てに授業を入れてもらうようにしました。その為、入試本番までに休憩ほぼなしの怒涛の授業を行いました。

3、学校の成績は良いけれど
Aちゃんの通知表は、誰が見ても優等生のそれでした。しかし、どれだけ学校の成績が良くてもトップクラス校の中学入試では歯が立ちません… なぜなら、中学入試は学校の内容より遥かに難しい問題が出され、さらに、時には学校で勉強していないような範囲まで出題されるからです。

4、基礎×基礎×基礎
時間はなくても、まずは算国理社の受験の基礎から始めました。なぜなら応用問題から始めても、基礎がおろそかだと時間の無駄になることが多いためです。時間が少ない中で最低限学ぶべき基礎部分を厳選して絞り、急ピッチで授業を進めました。

5、習い事×受験勉強
多くの子が受験勉強の為に習い事を辞めます。しかしAちゃんは、『受験勉強をやりながら習い事もしたい!』とのご希望だったので、その意見を尊重致しました。なぜなら、本人が辞めたくないと言っている以上、無理に辞めさせても勉強のプラスには結局ならないとGeniusは考えているからです。

6、同時進行で集団討論も
Aちゃんが受験する学校には「難関な集団討論面接」がありました。幸いなことに、Aちゃん以外にも第一志望校が同じ学校の生徒様がいたので、一緒に集団討論面接の練習を行いました。
※状況が他生徒さまと合う時は、多人数で行う集団面接の対応が可能です

7、献身的なご家族のサポート
超短期間でトップククラスの受験校に合格するには、家庭教師の力だけでは足りません。①勉強が出来る環境作り ②家での宿題や採点、面接のお手伝い ③夜食やおやつを作ってくれる… などなど。ご家族にできる範囲内でのサポートをお願い致しました。

8、お祝い事も大事
時間はありませんでしたが、それでもお祝い事やイベントは大事にしていました。なぜならそれが先生と生徒さまの信頼関係を築くきっかけにもなり、結果的に勉強が捗ることが多いからです☺ ちなみに生徒さまのストレス発散にもつながるので、本当に良いこと尽くしです♪

9、最後の最後の最後まで諦めない!
入試前日のAちゃん。本来なら十分に睡眠をとって欲しい所でしたが、Aちゃんは目をこすりながらでも勉強や面接の最終チェックを怠りませんでした。

10、第一志望校合格🌸
少ない時間の中で、Aちゃんは本当によく頑張ってくれました。そしてここまでやれたのは、ご家族の支えもあったからです。本当に感謝してもしきれません。Aちゃんは現在、合格校で「勉強」と「習い事」を両立させながら、叶えたい『夢』に向かって全力で青春し、頑張っております。
※余談ですが、一緒に集団面接の練習をした生徒たち全員が合格しました☺


体験授業応募フォーム

    現在、先生の募集を先行しています。夏頃に生徒さまを募集し、本格的に指導をスタートさせたいと考えています。家庭教師のGeniusの今後にご期待ください。よろしくお願い致します。

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    必須 訪問住所

    郵便番号

    都道府県

    市区町村以降の住所

    任意 お問い合わせ内容

    任意

    任意

    オンラインヒアリングの詳細はこちら