Genius[公式]絶対合格の家庭教師

合格努力圏外からの合格


「集団授業が合わない」「自分から質問が出来ない」「塾では成績が上がらない」…
合格努力圏外にいた子ども達が、Geniusで第一志望校を掴んだ『合格物語』を一部ご紹介致します!


《記載》
❶Sさんの褒めて伸ばす受験
❷Aさんの超短期間受検


❶Sさんの褒めて伸ばす受験

入試直前の模試で「合格努力圏外」

【小学6年生、勉強が嫌いなSさん】

Sさんは集団授業が合わず、塾でも学校でも勉強に身が入らない子でした。その為中学からはICT教育やアクティブラーニングに力を入れている地元の名門校で勉強したいとSさんは思うようになり、またそれに両親も応えました。初めての中学受験で何をしていいのかわからず、口コミを頼りに色々と模索した結果、絶対合格のGeniusに入会されました。
(※ちなみにSさんの入会時の偏差値と志望校偏差値の差は25ポイントありました)

【褒めて伸ばして楽しませる】

Sさんは昔から成績があまりよくなく、自己肯定感がとても低い子でした。
(※他人の成績を異常に気にしたり、「合格しなくてもいい!」と、最初の頃は常に不合格の時の為の予防線を張っていました)

Geniusの指導のモットーは『褒める』ことです。Sさんが何か覚えるたび、正解するたびに褒めて伸ばして楽しませました。間違えたことは決して咎めません。
出来なかったことに対しては「Sちゃんならもっとよくできるはずだよ✨」などの励みの言葉をかけ続けました。そうすることで、少しずつSさんの『やる気』と『自己肯定感』を上げていきました。

【時間がない】

Sさんの偏差値と第一志望校の偏差値の差は、25ポイントありました。また、志望校には面接があったためにその準備と実践も必要でした。
その為、Sさんには長期休暇(夏・冬)に勉強合宿や面接キャンプに参加してもらい、そこで超集中力&超勉強力を徹底的に鍛えました。

【成長を感じた確認テスト】

毎回授業の初めに実施していた計算問題で、ついに満点を取りました!以前は不正解の方が圧倒的に多かったテストですが、Sさん自身の「勉強って、やれば楽しいよね!」という心情の変化や日々の努力により、遂に満点を成し遂げることが出来ました!

【掴み取った第一志望校合格】

Sさんの長い長い長い十分な努力の実が、結びまれました。入試1か月前の模試で「合格努力圏外」を出してしまいましたが、Geniusの『第一志望校の分析と徹底集中』による出題範囲を絞り込む勉強をして、見事第一志望校の合格を掴み取ることが出来ました!


❷Aさんの超短期間受検

受験勉強の準備、全然してない

【小学6年生、目指すは難関国立付属校】

Aさんは大手の塾に通ってはいましたが、成績は落ちていく一方でした。受ける模試は合格努力圏にも入りません。「このままでは志望校に落ちる」という不安から、受検期の後半に絶対合格のGeniusに急遽申し込みをされました。

【全く時間が足りない!】

Aさんの学校の通知表は、誰が見ても優等生のものでした。しかし、どれだけ学校の成績が良くても中学受検では歯が立ちません。

さらにAさんが志望校に合格するには受検4教科に加え、特殊な集団討論をパスする必要がありました。その為、4教科の準備は勿論、毎年何が出題されるかわからない討論の練習とテーマに沿う時事問題の叩き込みが必要でした。

【基礎×基礎×基礎】

Aさんには冬季の勉強キャンプ、面接(半日)合宿に全て参加してもらいました。そこではGeniusが厳選した4教科の基礎を徹底的に教え込み、その次に応用問題が解けるよう鍛えました。

【やっぱりそれでも褒める】

超短期間で難関中学の合格を目指すばかりに、焦って辛い勉強を強いれば落ちます。Geniusは合格だけを直視することはありません。どんな時でも『褒めて伸ばす』指導を、どんな状況でも『楽しみながら』、受検を一緒に乗り越えます。なぜならそれが、絶対合格のGeniusの「存在意義」だからです。

【掴み取った第一志望校合格】

有り得ないほどの超短期間受検でしたが、Aさんは見事第一志望校に合格することができました!これは合宿での12時間を超える勉強を何度も経験したことや、同い年の受験生達との熱い討論を毎週繰り返し繰り返し行ったSさんの『絶え間ない努力の結果』だと確信しています。